我獣画報:Vol.51『スタッグビートル』

このカテゴリーを忘れていたのではないかと思うぐらい、久々の我獣画報の更新。

我獣画報とは、結局のところ10年以上前から練習がてらプライベートでコツコツと生み出していたキャラクター群のことなのですが、活躍の場もないまま隠居生活をさせるのも成仏できないなと考え、最後ぐらいは製作者が少しでもキャラクターについてご紹介することで、怪人群を浮かばせるカテゴリーでしたが、半年以上更新が滞っていたので、この怪人達もさぞ怒りに満ちていると思いまして、慌てて更新。

Vol.51となる怪人は、『スタッグビートル』からです。

クワガタムシをモチーフにした怪人。
今見ると、トナカイ?と思ってしまいますが、当時の技量の幼さではこれが限界だったのでしょう…。

スタッグビートル

昆虫がモチーフなので、生物的なデザインに落とし込みがちなところを、敢えてメカの方向で処理したのを覚えています。

当時は、あまりモチーフを押し出すのは好きではなく、何気にモチーフが浮かび上がるようなデザインを意識して処理していたと思います。
でもクワガタの要素が頭の部分に集中しているため、もう少し全体的に要素を押し出すべきでしたね…。

まだまだ、デッサンもデザインも小さく収まっている部分が反省点ではありますが、今の自分には避けて通れぬキャラクターなので、今となっては感謝している今日この頃です。

0

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.