画獣画報:Vol.49〜50

少し滞っていた「我獣画報」。

今日は「ヘルモバイル & ボーンデイモン」からです。

ヘルモバイルは、ご覧の通りガラパゴス携帯がモチーフのキャラクター。

こういった、常に進化をする遂げる素材をモチーフにすると、時代感が感じられ現代では通用しなくなることに、悲しさすら感じるキャラでもあります…。

しかも、太もも部分にはそのまま携帯を貼り付けるという雑な処理…。
今では考えられません…。

女性をフォーマットにしていますが、もう少しモンスター化しておけば今でも通用していたかもしれません。
お恥ずかしい限りですが、大いに戒めになっております。。。 

続いては、ボーンデイモン。
実は、上記のヘルモバイルから一時期デザインから遠ざかっていたのですが、あることを境に再び本格的にデザインをしよう思い、描いたのがこのキャラクター。

見ての通り骨がモチーフ。
肋骨の部分をフードのように処理した箇所は今でも嫌いではないです。

でも、胸の顔部分はもう少し処理の施しようがあったのではないかなと、反省しております。
やはり、外に飛び出ないデザイン処理がブランクの時期を物語っているなと感じられる一体です。

たかが怪人ですが、デザインをしていると、その奥深さに感心しさせられ、されど怪人だなと心の中で呟く今日この頃です。

0

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.