実写化の飽和状態…。

皆様も既にご存知かと思いますが、荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の実写映画化が公表されました。

そして、監督は三池崇史氏。

全てのGOサインが出てしまえば、走り出したらもう止められない状態だと思いますので、完成作品を観るまでは何も申すことはできないのですが、僕が一つ思うのは荒木作品を実写化するなら、うってつけはこっちかなと思いました。

僕も一応、作り出す人間の端くれとして我慢できずに描いてしまったのですが、『バオー来訪者』

荒木作品の中では、まだ実写化に相応しい作品かなと思います。

これ、特殊メイクを施してアナログで表現したらかなり格好いいのではないかと思います。

昨今の日本の映画界は、人気があるから実写化ではなく、実写化に相応しい作品を選ぶことがまずは大事かなと思わされる今日この頃です…。

0

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.