後悔先に立たず。

プチ多忙中…。

ここ最近、過去に描いた作品の劣化箇所が酷く目に止まります…。

今年の1月に描いた作品が、もう目を反らしたくなる出来栄えに反省するばかりの日々…。

下記の画像は私用で練習がてら描いているキャラクターなのですが、上側が1月に描いた作品。
ですが、あまりにも締まりがないので、それを引き締め直した物が下側になります。

私用の練習用キャラクター

1月には、良しとし着色の段階にまで進めていた作品。
この出来栄えで、なぜ着色をしようとしていたのか未だに分かりません。

この領域になると、「見ても分かりません」というお言葉も頂くことがあるのですが、描いている本人には恥ずかしい程に反省点が目に止まり仕方のない領域。

このような状況は日々起こるわけではないので、これも何かのお導きと捉え、妥協せずに描き直すのですが、お仕事で描いた作品は描き直すことが出来ないので、深く深く反省するばかりの今日この頃です…。

本当にすみません。

0

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.