牙狼<GARO>2015ー年賀メイキングー02

告知させて頂いていた通り、今週は2015年、年賀状用に描いた牙狼メイキングの続きです!

改めて説明なのですが、この年賀状はただただ趣味で描いたものでは無く、牙狼にてお世話になった関係者様に、新年のご挨拶用に描いたものでしたので、着色は一枚一枚手塗り作業という、気の遠くなるような愛情を注いで描いた記憶があります。

そのため、枚数の量産は数枚しか描けませんでした…。

受け取った方には、この愛情は届かないかもしれないのですが、気付かれない部分にこそ神経を注ぐということが、相手を敬う形でもあり、今の時代とても大事になってきている気がします。

ですが、2016年版年賀状は、デジタル仕上げだったんですけどね…。(あまりの時間の無さに…。)

まぁ、何もかもが便利になり、人との関係も希薄になってきているこのご時世に、誰かのために何かに真剣に取り組むという姿勢や気持ちがあるだけでも、背筋が伸びるような気がします!

では、前置きが少し長くなりましたが、メイキングのスタートです!

 

01:最終ラフ

ペン入れをしてからでは修正が厳しいため、前回のラフからもう少し調整を加えて行きます。
牙狼のレイアウトなども整え、少し微調整して行きます。

 

02:ペン入れ

金色の表現は様々あるかと思いますが、着色範囲を広くは出来ないので、黒ベタを大きく入れてコントラストを強めにすることで、初見のインパクトを強くする方向性でペン入れを進めております。

 

03:完成

最後は常連のコピックマーカーで着色しています。
黒のコントラストが大きいため、着色範囲は少なめで助かりました(笑)
とにかく輝きが大事なため、白ヌキ部分を置いて行くことで、多少なり輝き感が出るかと思います。

これで、全行程となりますが、着色の段階の画像が一枚も無い為、あまりにもざっくりしておりまして申し訳ないです…。

いざ作業に熱中すると、集中しすぎて撮り忘れるという不器用人間。。。

というか、こんなの見て参考になるのか?
と、疑心暗鬼な部分もあったりしますので、絵を志す方々に少しでもお役に立てているのなら、この上なく満足でございます。

次は、2016版の牙狼のデーターも一部存在しますので、また近々公開させて頂こうと思います!!

0

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.